障害年金を請求する際、もちろん必要書類の提出があります。事実をそのまま記載する遺族年金などとは違い、障害年金では、書類にどのような事を記載するのか人によって大きく異なります。ここでは、社会保険労務士に依頼した場合について、ご説明します。

障害年金を取り扱う社会保険労務士事務所では、障害年金の制度に関する一般的な相談から、障害年金がもらえるのか、初診日はいつなのか、手続きを依頼した場合、費用はどのくらいかかるのかなど、障害年金について様々な相談を無料で行っているところが多くあります。障害年金の請求の手続きを依頼した場合、まず、病歴や障害状態について聞き取りをし、医療機関へ診断書を依頼する際の参考資料を作成します。その参考資料を基に、医療機関へ診断書を依頼します。出来上がった診断書の記載ミス、漏れ、訂正、加筆などがないか確認し、不備あった場合、必要に応じて社会保険労務士が医師に相談する事もあります。その後、病歴状況申立などの請求資料一式を作成し、年金事務所や担当窓口に提出します。受給決定が確認できたら、今後の注意事項などについてアドバイスなどを行ってくれます。費用については、依頼時に着手金が必要となる場合が多いです。また、受給決定の際には、成功報酬が発生します。

更新時の診断書作成の提出や、その他年金全般の相談については、電話などの相談であれば、ほとんど無料で対応してくれます。疑問点などがある場合は、気軽に相談してみてください。