メリット

障害を持っている為、自分で手続きを行うのが困難であったり、何をどうすれば良いのかわからないなどと言った場合、やはり専門の社会保険労務士に依頼するのが一番です。ここでは、社会保険労務士に依頼した際のメリットについて、ご説明します。

まず、確実にスムーズに手続きを行ってくれる事です。障害年金は決定するまでに時間がかかる為、手続きが遅くなれば当然、支給される日も遅くなります。また、早くやらなければならないもの、時間がかかるものについても当然わかっているので、優先順位をつけて、手際良く仕上げてくれます。素人が行うよりも正確性もある為、安心して任せられます。自分で書類を作成した場合、診断書の不備に気付かなかったり、診断書と申し立て書の内容が異なるケースもあります。実態が正確に記載できなかった為に、年金が支給されなかったり、障害の状態に対して正しい障害等級が反映されなかった、などが起こる可能性もあるのです。しかし、専門家である社会労務士がサポートを行う事で、このような事態になる事はなく、安心です。

障害年金を専門に行っている社会保険労務士なら、相談にたいして的確なアドバイスをしてくれ、依頼した場合もスムーズに確実に進みます。障害年金についての問い合わせや依頼は、社会保険労務士を頼る事を、お勧めします。

社会保険労務士へ依頼

障害年金を請求する際、もちろん必要書類の提出があります。事実をそのまま記載する遺族年金などとは違い、障害年金では、書類にどのような事を記載するのか人によって大きく異なります。ここでは、社会保険労務士に依頼した場合について、ご説明します。

障害年金を取り扱う社会保険労務士事務所では、障害年金の制度に関する一般的な相談から、障害年金がもらえるのか、初診日はいつなのか、手続きを依頼した場合、費用はどのくらいかかるのかなど、障害年金について様々な相談を無料で行っているところが多くあります。障害年金の請求の手続きを依頼した場合、まず、病歴や障害状態について聞き取りをし、医療機関へ診断書を依頼する際の参考資料を作成します。その参考資料を基に、医療機関へ診断書を依頼します。出来上がった診断書の記載ミス、漏れ、訂正、加筆などがないか確認し、不備あった場合、必要に応じて社会保険労務士が医師に相談する事もあります。その後、病歴状況申立などの請求資料一式を作成し、年金事務所や担当窓口に提出します。受給決定が確認できたら、今後の注意事項などについてアドバイスなどを行ってくれます。費用については、依頼時に着手金が必要となる場合が多いです。また、受給決定の際には、成功報酬が発生します。

更新時の診断書作成の提出や、その他年金全般の相談については、電話などの相談であれば、ほとんど無料で対応してくれます。疑問点などがある場合は、気軽に相談してみてください。

障害年金とは

障害年金とは、ケガや病気で障害者となった時に受け取れる年金の事です。ここでは、障害年金いついて、ご説明します。

障害年金には3種類あり、初診日に加入していた年金によって、受け取れる障害年金が異なります。国民年金の場合は、障害基礎年金、厚生年金では障害厚生年金、共済組合の場合は、障害共済年金があります。障害基礎年金は、障害の等級が1級、2級とあり、子どもがいた場合、子供の加算もされます。年間支給額は、2級の場合は779,300円、1級の場合は974,125円となり、子供は1人につき224,300円支給されますが、3人目以降は、74,800円となります。

障害厚生年金は、障害の等級が1級から3級まであり、子どもの他に1級、2級の方の配偶者への加算がされる場合もあります。1級の場合は、報酬比例の年金額×1、25倍+子供、配偶者加算、2級では、報酬比例の年金額+子ども、配偶者加算、3級では報酬比例の年金額のみとなります。また、1級、2級の方には障害基礎年金も併せて支給されます。障害共済年金は、平成27年10月より一元化され障害厚生年金となりました。受給要件は、それぞれの年金の加入中に障害を患い、初診日がある事、初診日の前々月までの年金を3分の2以上納めている事、初診日に65歳未満で、初診日の前々月までの1年間にも能がない事です。障害基礎年金の場合は、20歳前、60歳から65歳未満で、日本に住所がある場合も含みます。

障害年金を受け取る際は、これらのように条件が設けられていますので、ご注意ください。